« 2005年12月 | メイン | 2006年02月 »

2006年01月31日

突然変異の耳あか

乾燥したタイプと湿ったタイプの2つがある人の耳あか。
どちらのタイプになるかは、遺伝情報を担うDNAの塩基配列の、たった1カ所の違いで決まることを新川詔夫(にいかわ・のりお)長崎大教授(分子医療)らが明らかにし、29日付の米科学誌ネイチャージェネティクス電子版に発表した。
 実は、耳あかは本来湿っているもので、乾燥したタイプは耳あかではなく、単に皮膚がはがれたもの。乾燥タイプの人は耳あかが出ない〓突然変異〓で、日本人は約8割がこのタイプだという。
 新川教授らは、日本人126人の塩基配列を調べた。その結果、ある1カ所の塩基が変異した遺伝子を両親双方から受け継いだ人は「ABCC11」というタンパク質が合成されず、耳あかが出ないことを突き止めた。
 さらに、世界の33民族、計約3200人について調べたところ、耳あかの出ない人は日本を含む北東アジアに多く、南方や欧米、アフリカに行くにしたがい徐々に減ることも判明した。
共同通信社【2006年1月30日】

突然変異といえばゴジラのような怪獣イメージになるけど、現実は以外と小さい所にあるものですね。
私もゴジラのように突然変異していることがわかりました。

投稿者 oyj : 22:26 | コメント (0)

2006年01月29日

さすが代議士やっぱり偉いワ

 香川県薬剤師会主催 新春懇談会 に参加った...
 この会は、毎年1月に開催されていて、代議士や県会議員・医師会・歯科医師会会長など怱々たるメンバーを会がご招待し懇談するというもの。
 私は頭数調整のために、どうせ暇だろうと思われてか?出頭命令が下った。
 会には 少し遅れて入ったので会長の挨拶は終わっていたが、その後の代議士の挨拶は面白いものだった。  さすが代議士って話がうまいもんだなぁ~ と感心・・・
 その中で、ある代議士が小泉内閣の目指す構造改革とは、国際化が進む今、できるだけ国の規制や干渉を排して、投資や金融も含めて、もっと自由に企業が経済活動を行なえるようにし、競争力をつけ、資産価値や利益を上げることが目的。
 しかしその根底には、きちっとやっているということが前提だといっていました。
 マンションの問題にしろ牛肉の問題にしろ安心や安全面が保たれていないと構造改革そのものが崩れていく、、、医療も同じだと言っていました。  確かにその通り、、、、さすが代議士!!鋭いこと言うジャン

投稿者 oyj : 19:52 | コメント (0)

2006年01月23日

ミノルタカメラがなくなるとは...

 コニカミノルタホールディングスは、創業以来のカメラ事業と写真フィルムを含むフォト事業から完全に撤退する、と発表した。
 一眼レフカメラは誰にでも撮影できる小型カメラと違い、知識を必要とする。 カシャッ!というシャッター音、カシャカシャカシャというモータードライブ音、黒光りしたボディーと重質感...まさに大人の男の道具というイメージでした。
 私のカメラはCANNONの一眼レフ。75-300の望遠レンズまで買って被写体にフォーカスをあて背景をぼやけるようにして...絞りを優先して...カシャッ

 ところが、一昨年 妻がデジカメを購入。ポケットに入れれて携帯でるうえにフィルムを必要としないので経済的、パソコンで加工が出来るなどメリット多し..さすがデジタル時代と感心した。

 気がつけば昨年は一度も一眼レフ触っていない(^_^;) ミノルタがこうなったのも寂しいけど仕方ないのでしょうか...(ToT)/~~~

 今では、プロのバンマスもデジタルカメラで撮影してるものなぁ ~ A rolling stone gathers no moss

 産業開発側のあくなき発想や努力の繰り返しと営業側の尽力が生活文化の発展と向上に寄与していることがあきらかで、カメラやレコード・ビデオのように使われなくなるものがあることは寂しいけど仕方がない。

 昔はオプションだった、キーレスエントリー、エアバッグ、カーナビは今では標準装備。
 携帯電話はデジカメとMP3プレーヤーやキャッシュカード機能が装備され、WEBまで見ることが出来ます。 CDだってDVDだって20年前には想像することすら出来ませんでした。

 「標準」というやつは時代と共にどんどんと移り変わっています。

 私の仕事でも、昔は調剤だけしていた時代から、薬の名前や薬効、使い方などを説明する時代を経て、さらに情報の時代となり患者さんがご自分の薬の情報をもっともっと深く知ろうとするようになってきました。
 
 医療裁判などでは、現在の「標準」にあわせて正しいかどうなのかで判断されます。
 マンション耐震強度偽装問題も新しい基準に適合しているかどうかで判断されています。

 どうも 時代遅れではすまないこと と 遅れてもかまわないことがあるようです...

投稿者 oyj : 20:46 | コメント (0)

2006年01月14日

絶賛し続ける

ドロシー博士の「子供が育つ魔法の言葉」の反響が思ったより大きかった。多くの方から感想やご意見をいただいて驚いています。
 思えば映画の宣伝文句に「絶賛上映中」というのがあります。厳密に言うといったい誰が、絶賛しているんだ?ってことになりますが、、、
"一週間で打ち切り"された作品でも、公開中は"絶賛上映"している映画館の心意気にこちらから絶賛したい。
 画館側が見るお客さんに絶賛してもらうよう張り切って上映してます!という意味です。
 「親が絶賛しなくて誰がする」
 子供に対する親の心意気が大切なのでしょうか・・・・
 
 それでもなかなかできない

投稿者 oyj : 19:11 | コメント (0)

2006年01月07日

雪でした


香川県にしては珍しく雪が積もりました。
今日はお休みで助かりました。
やっぱり子供は喜び庭かけ回り雪合戦が終わって雪ダルマ。

投稿者 oyj : 18:31 | コメント (0)

2006年01月03日

スウィンギン・ワンダーランド・ジャズ・オーケストラ(SWJO)のニューヨーク公演

 今日、高松サンポートシンボルタワーにバンマスと出かけた。
 午前七時半から、一階に設けた特設ステージでSWJOのニューヨーク公演がインターネット回線を通じて、液晶画面に中継されるからだ。
 会場にでは、既に I藤 先生ご夫妻がいらっしゃり、隣の席に座らせていただいた。
先生は、若手ギターリストが弾いているのを聞いて、「こいつ前よりうまくなったのぅ~」とおっしゃった。
 先生の娘さんが、このイベントでのキーパーソンでご活躍されており先生ご自身もかなり造詣が深い。

会場では、新春振舞いうどんに振舞いお酒、振舞いお餅。最後は、アマチュアバンドの演奏会。
 親父バンドも参加計画があったものの今回は出場辞退でした。
 演奏が終わった頃になって、家族が迎えにきてくれた。
 子供たちはバンマスからお年玉をもらってガッツポーズ。
 「パパのお友達はいいおじさんだネェ~」

 私はジャズを演奏することが出来ない。なぜなら、ジャズのリズムについていくことができないからだ。
恥ずかしながら、8ビートの2泊4泊にスネアが鳴っていないといないとリズムがキープでないのだ。
SWJOは、随時スネアが裏で入ったりするので、つくづくジャズを演奏される方には敬意を表したい。
 SWJOの大物ぶりはとどまることを知らずジャズピアニストの秋吉敏子&ルータバンキン とジョイントし、さらに真鍋県知事、現代美術家・川島猛さん、国際的彫刻家・流政之さんやらNTTドコモ社長やらとのネット回線新春トーク。 NYで讃岐うどんを広めているSANUKIプロジェクトイベントやら、てんこ盛りでした。
 それにしても、関元先生率いるSWJOはスケールがデカすぎ!!しかし、ご自身はこれぐらいでは満足されていないらしい。   驚くほど巨大な器だ・・・

投稿者 oyj : 18:41 | コメント (0)

2006年01月01日

子供と心を交わす言葉 ~お薦の詩~

 昨年2月21日。皇太子殿下のお誕生日に際しての記者会見で、  子供に対する考え方を述べられた中でドロシー博士の『子ども』の詩を朗読し脚光が集まった。  子供が家庭で育つ中で、子供は親の姿や発する言葉に影響を受ける。この詩は、父親・母親が持つ役割の重要さをシンプルな詩で綴っている。
 子供がこぶし中央保育園を卒業する頃になって、この本に出会ったことが悔やまれる。またこの詩は、自分を振り返る、仲間や社会を振り返るきっかけになるかもしれません。是非、小さなお子様をもたれているご両親に読んで欲しいと思いました。 

『子ども』ドロシー・ロー・ノルト著

  批判ばかりされた 子どもは非難することを おぼえる
  殴られて大きくなった 子どもは 力にたよることを おぼえる
  笑いものにされた 子どもは ものを言わずにいることを おぼえる

  皮肉にさらされた 子どもは 鈍い良心の もちぬしとなる
                         しかし,激励をうけた 子どもは 自信を おぼえる
  寛容にであった 子どもは 忍耐を おぼえる
  賞賛をうけた 子どもは 評価することを おぼえる
  フェアプレーを経験した 子どもは 公正を おぼえる
  友情を知る 子どもは 親切を おぼえる
  安心を経験した 子どもは 信頼を おぼえる
  可愛がられ 抱きしめられた 子どもは 世界中の愛情を 感じとることを おぼえる

投稿者 oyj : 13:21 | コメント (3)