« 2006年01月 | メイン | 2006年03月 »

2006年02月22日

踊る!息子

 小学校の6年生を送る会で、息子がこんなの踊るんだと言いながら家族の前で歌いながら踊りを踊ってくれた。娘は見て見てと言ってこういう事をよくやるが、息子はあまりこのようなことをやらない...今夜は気分がのっているらしい。 見た所完全にはまっている。
 妻から世界中でヒットしている「恋のマイアヒ」を送る会で踊ることを教えてもらった。この曲は私の好きな曲ではないので、本気で聴いたこともなければ、興味もなかったのでマッタク知識がない。
 「何だよそれ~こんなの小学校でやっていいのかよぉ~」「小学校どころか幼稚園や町内会でも大流行だよ!!」「これじゃあまるで忘年会の余興ジャン!!」と憎まれ口をたたいた。
 息子が一生懸命やっているのでギターで一緒に、F / C / G / Am/
まいは ふぅ〜♪

投稿者 oyj : 19:42 | コメント (3)

2006年02月11日

トリノ開催・・我が家もイタリアブームです

 高校時分に幻のイタリアンロックシリーズという企画で、日本中がほとんど聞いたことがないイタリアンロックのアルバムが数枚シリーズで発売されたことがあった。
 判官びいきの私は、イタリア語で歌うロックとそのクラシカルな音に夢中になりました。
 その中でも気に入って聞いたのが
ニュートロルス
オザンナ        /   (試聴)
ムゼオローゼンバッハ   /   (試聴)
 その影響で新婚旅行はイタリアに行き、わざわざCDショップに立ち寄り、本場のパバロッティー・ニュートロルス・オザンナのCDを購入した。
 ところで、我が家も最近イタリアブームです。
 そのわけは、斎藤健一こと芸名「ヒロシ」がマイファミリーブームだからです。
 保育園児の娘に「早くご飯食べろ~」と言うと、「ヒロシです。パパに怒られてしまいました。ヒロシです。」などと言います。    保育園で流行っているらかとです。
  「ヒロシです...試聴」イタリアの歌手 Peppino Gagliardi(ペッピーノ・ガッリャールディ)の「Che vuole questa musica stasera(邦題:ガラスの部屋)」だそうです。

Che vuole questa musica stasera / Peppino Gagliardi
ガラスの部屋 / ペッピーノ・ガッリャールディ

(Murolo - Amendola)

[ケ ヴオーレ クエスタ ムーズィカ スタセーら]
今夜この曲は何をしたいというのだろうか...

[ケ ミ りポーるタ ウン ポコ デル パッサート]
それは過去を少し私に思い出させる...

[ラ ルーナ チ テネーヴァ コンパンニーア]
月は私たちと共に連れ添っていた

[イオ ティ センティーヴォ ミーア、ソルタント ミーア、ソルタント ミーア]
私は感じていた、あなたは私のもの、私だけのもの、私だけのもの、

[ヴォ~れイ テネーるティ クイ ヴィチーノ ア メ]
ここに私のそばにあなたを留めておきたい

[アデッソ ケ フら ノイ ノン チェ ピゥ ヌッラ]
今はもう私たちの間には何もない

[ヴォ~れイ センティーれ アンコーる レ トゥエ パろーれ]
あなたの言葉をもう一度聞きたい

[クエッレ パろーれ ケ ノン セント ピゥ]
もう聞くことは出来ないその言葉を

[イル モンド イントーるノ ア ノイ ノネズィステーヴァ]
私たちの回りに世界など存在しなかった

[ペる ラ フェリチタ ケ トゥ ミ ダーヴィ]
あなたが私に幸せをくれていたから

[ケ メ ネ ファッチォ オるマイ]
もう私はどうしたらよいのだ!

[ディ トゥッティ イ ジォーるニ ミエイ]
私のこの毎日!

[セ ネイ ミエイ ジォーるニ ノン チ セイ ピゥ トゥ]
私の日々にはもうあなたがいないのに!

[ケ ヴオレ クエスタ ムーズィカ スタセーら]
今夜この曲は何をしたいというのだろうか...

[ケ ミ りポーるタ ウン ポコ デル パッサート]
それは過去を少し思い出させる...

[ケ ミ りポーるタ ウン ポコ デル トゥオ アモーれ]
それはあなたの愛を少し思い出させる...

[ケ ミ りポーるタ ウン ポコ ディ テ]
それはあなたを少し思い出させる...

(http://aromazzi.hp.infoseek.co.jp/20041219.htmlより転記)

投稿者 oyj : 13:30 | コメント (0)

2006年02月05日

とても俺にはわからん

 テレビで『小児病棟24時』をやるという予告を見た。
 ただそれだけで、いやな気分になった。
 テレビで放送禁止用語という言葉がある。公序良俗(こうじょりょうぞく)に反するとして使用を規制する言葉だ。たとえば目の不自由な人に、きつい言葉を使うとショックを受ける方がいらっしゃることを配慮しているための成熟した大人として使わない言葉だ。
 病院で勤務しているとたくさんの気の毒な方がいらっしゃる。ある日突然気の毒になる人もいらっしゃる。
 その方々の気持ちを理解された上で、この類のテレビ番組は何を伝えて何を目的としているのか、とても俺には理解しがたい。いいカッコしているわけでも偽善者ぶっているわけでもありませんが、腹立たしくて仕方がない・・

投稿者 oyj : 14:08 | コメント (3)

2006年02月04日

ひさしぶりのお出かけ

 お兄ちゃんが大きくなった理由(せい)もあって、休日に家族で出かけることがなくなったと感じたいた。
そこで、今日は皆と相談してお出かけすることになった。
ニューレオマ
道後温泉しかも霊(たま)の湯
徳島アスタムランド
 のうち、どこかに行こうという事になって、子供達のリクエストでニューレオマのオモチャ大国に出かけた。
 1年ぶりに訪れた我が家はリピーターなのでしょうか?
とにかく今日は寒かったからか・・・12時前についたのに駐車場に車が無い。
貸しきり状態は願ってもいないことだが、ちょっと寂しいぞ~
 それでも中に入ると、子供達は大喜びで遊んだ。ディズニーランド並みの面白いアトラクションもあるけど家族で1回乗るにしては、正直料金設定が高いと感じてしまう。この、チョッともったいないなぁ~と感じさせる部分をレオマさんは考えなくちゃいけないと思うのです。
 それ以外にも建物の中でシルベニアンファミリーやプラレール・ままごとハウスやダイヤブロックワールドで子供達が熱心に遊んでいるので、親は陽だまりに集まって本を読みながらうたた寝してました。

 いい所なんだけどなぁ~ そのうち税金つぎ込まないと栗林公園に続いて、子供達の遊び場や動物と触れ合う場所がなくなるぞ、と余計なこと考えて心配したので、面白味も半分でした。

投稿者 oyj : 23:43 | コメント (0)

2006年02月03日

南南東を向いて!!

「ねぇパパー?恵方巻き(節分に食べる太巻)ってどうして食べないといけないの?」
「ん~と それは・・・知らん」
言われてみれば、こんなこと子供の頃こんなことしなかったなぁ~ちょっと調べてみた、、

 節分の夜にその年の恵方(歳徳神の在する方位)に向かって、目を閉じて願い事を思い浮かべながら太巻きをまるかじりすると商売繁盛、無病息災、願い事が叶う、その年必ず幸運が訪れる、厄落とし等の意味を持つ。食べている間は、無言でなければならない。
しまった願い事なんかしてないぞ。騒いでたし・・
 やっぱり、何事も皆さんがしているからするのではなくて、意味をわかってからやるべきだな、何事も...ちなみに太巻きは海鮮巻きではご利益がないらしい。(ママ蟹が入ってるけど?)

豆ポ~イ(笑)!!鬼は外ー、福は内ー!今年はママが鬼の役(ちなみに去年も)で鬼のお面をかぶって
近所の人に見つからないようにそっ~と玄関から出て「じゃあ~いくよ」といいながらドアを開けて「そらぁガオー」と入ってくる。
なぜか子供達はママと知っていながら、大興奮。
妹は鬼を見て大声あげて泣きわめく。
お兄ちゃんはママ鬼に本気(マジ)で豆をぶつけている、、、おっ~と チョップ攻撃を繰り出した。

これだけ激しかったから、さすがの鬼も もういなくなっただろう >>
今夜の余興に満足し、一杯含んで笑みをこぼした夜でした。

投稿者 oyj : 23:00 | コメント (0)