« 2006年04月 | メイン | 2006年06月 »

2006年05月27日

結婚式にでたんだ

 職場の部下の旧姓K藤さんの結婚式に呼ばれました。
マリベール高松という山の高台にあり 瀬戸内海が眼下に広がる絶景の結婚式場でした。
 時刻は昼下がり。 ちょっと早めに会場に到着したので時間つぶしにビールをいただいた。昼間のビールはなぜか美味しい..ので(*^。^*)もう一杯くださあ~い。
お支払いをしようとすると、式場の方が「フリードリンクなので何杯でもいいですよ」とおっしゃってくれる。私の解釈では「フリードリンク」=「飲み放題」\(^o^)/ 今日の披露宴でスピーチを頼まれたので、緊張をほぐすためにという理由をつけて、さらにフリードリンクのウイスキー水割りを2杯飲んでしまった。

 しばらく待つと 「ただいまから教会にて挙式がとりおこなわれます」 とアナウンスがあり教会へ入ると
美しい花とステンドグラスからの柔らかな光がさしていた。 着席すると重厚な扉が開き、新郎が入場。
 オルガンの音が響きだすと、お父様と手をとった純白のウェディングをまとった新婦が入場。
 教会内に一瞬、凛とした空気が漂い気持ちがシャキッとした瞬間!!   7 名の女性たちが教会ゴスペルを歌い始めた。

 この女性たちはブルージーで、身体を揺らして熱く歌う方ばっかりで ものすっごいド迫力!!
yha!!yea!!イエィイェィイエィイエィ♪なんだか楽しくなってきたぞ・・・リズムに乗って手拍子が始まった。 
 ぁぁあ あれ~あの右端のゴスペル女性なんだか見覚えあるぞ!!
 てこびすの雷子ちゃんジャン\(^o^)/  どおりで 超ド迫力!!ボイスにも納得。 久しぶりに雷子ちゃんの元気な姿を拝見しました。

 披露宴での しどろもどろの ご挨拶も無事終え、キャンドルサービスが終わった頃には、かなり酔いが回っていた。
 新郎新婦の生い立ちから出会いまでを、パワーポイントでプロジェクタを使用して クリーンに映写した演出が始まり、感動で目頭が熱くなりはじめた。
 その後、娘を送り出す父親の挨拶を聞いているうちに、ついつい感情移入してしまい涙が止まらなくなってしまった。  うちの娘は嫁にやらんぞ。 と誓う!!!

 帰宅後そんな話をしていると、小学校1年の娘があわてて言った。
「誰がお前と一生一緒にいるかぁ」  (T_T) 小学一年のくせして なんというリアクションか、、、 

投稿者 oyj : 09:06 | コメント (2)

2006年05月26日

今回搭乗した便はウッドペッカーでした。

またまた、東京出張に行ってきました。
前回はポケモンでしたが   今回搭乗した便はウッドペッカーでした。ユニバーサルスタジオの宣伝らしい。

飛行機の機体に描いているキャラクターではキティーとかスヌーピーがあるらしい。そういえばゴジラ松井を描いた飛行機なんていうのもあるらしい...

投稿者 oyj : 21:04 | コメント (0)

2006年05月19日

飛行機嫌い

今回は東京出張!! 品川3日間の...毎回のことですが、正直飛行機に乗るのが辛い…
とくに、離陸直後の「ふんわっり」と機体が持ち上がる瞬間、、お尻がゥッと引き締まる。
平常心を保ちながら搭乗しているももりですが、機体が揺れるたびに ブロックのかけらが 崩れるように平常心がぱらぱらとはがれていく。
着陸体制に入ると更に揺れが大きくなり、心臓が どくっきん どっくん とクライマックスを迎える。
やがて、滑走路が近づきタイヤが地面に触れ“どん”という音がしてほっと胸をなでおろす。
毎回この調子なので、乗っているだけでかなり疲れます...

なぜか今までは天候にだけは恵まれていましたが、今回は高松の天気が悪い様です・・・・
 「高松便は天候が悪いため大阪空港に着陸することがございます」とアナウンスがあった。
 「一応飛ぶみたいだが こりゃ揺れるなぁ」覚悟しておかなくては...

 さぞや 家族が心配しているだろうと思い この状況を説明するため 空港から家に電話を入れた。
 家内が電話に出て「やっぱりぃ~(^^)// 気をつけてねぇ~ 」
 続いて娘が「パパァ おみやげ忘れないでねぇ!!」
 ん~こちらの逼迫した状況が 家族に正確に伝わっていないようだ..(/□≦、)
 やはり こういうことは人任せにできない
 ビール飲んで酔っ払おう ! おい ポケモン飛行機!! 俺はお前にたくしたぞ!!

 娘へのお土産は、羽田空港で買った
 ヨックモックのシュー シュプリーム
にしました。これ結構美味しくてお気に入りです。インターネットでも買えるみたいです。

投稿者 oyj : 21:11 | コメント (5)

2006年05月06日

キャンプで四万十

ゴールデンウィーク真っ只中!日ごろの疲れを癒しに家族で四万十川にキャンプに行っちゃいました。


 道行く途中で高知リハビリセンターの薬局長から教えていただいた、大正町市場で鰹のタタキと地酒をゲットし、四万十川の沈下橋で寄り道をしながらキャンプ場ウェル花夢(カム)に到着!!
 申し合せていた訳ではないが、偶然子供の保育園のご父母のN島さんとI井さん家族も同じキャンプ場に来られていて、超サプライズ。(親父バンドのM田さんは都合により翌日おいでになられました)。。N島さんは、昔と板前さんをされていたことがあって料理がプロ級。。夜の食事が楽しみ(^_^)
 ちなみに、その辺に生えていたゼンマイとタケノコで山菜御飯を作られていました。さすが素材選びからしてダイナマイトでした。 
 お酒と料理と開放感いっぱいのロケーションに大満足。川の音と焚火の薪がはじける音を聞きながらキャンプをエンジョイしました。
 帰路は宇和島へ回り、四国を半周するようにドライブ。途中で成川渓谷に立ち寄り森林浴!木々に囲まれた清清しい渓谷を散歩。

最近では“森林セラピー”として、林野庁を中心に研究が進められ、脚光を浴びているらしい。
この森林セラピーについて詳しくまとめられたサイト「森林セラピーポータル」では、癒し効果が期待される場所を一覧にした森林セラピー基地MAPも掲載されています。
ストレスは「気持ちの問題」だけでなく、体にも様々な不調を来たしてしまうもの・・・。「ストレスで胃腸の調子が・・・」なんて事も良く耳にします。
GWはのんびりリフレッシュして、ストレスを解消しました。また次の予定立てなくちゃ...

 時間の都合で、宇和島は通り過ぎただけでしたが、しっかり「じゃこ天」を買っちゃって帰りの車でもぐもぐほおばりながら運転していると、携帯が鳴りました。おばあちゃんが買い物で高松に来たから立ち寄ろうかという連絡でした。久しぶりにおじいちゃんおばあちゃんと会えたのに子供たちは残念がってました。。
 それにしても携帯電話というヤツの利便性はすごいと感心、「フッ」ともう一泊四万十で宿泊するM田さん今頃どうしているだろうと思い携帯電話にかけてみた。するとM田さんが電話にでた。「携帯電話は、まっこつ便利な道具じゃきに(高知弁)」
 車では子供たちがカーナビで見れるDVDの「チキン・リトル」を2回とおりほど見終わると高松到着!!
便利な世の中だからこそ、人里離れたキャンプを楽しむのでしょうか?

投稿者 oyj : 13:40 | コメント (0)