« 2007年05月 | メイン | 2007年07月 »

2007年06月28日

予備校の理事長とお話をする機会がありました。

 ひょんなことから、某予備校の理事長とお話しいたしました。
 一見ご高齢の方なのに、とてもユーモアのある方で、ここでは書けない ことも お話してくださいました。
 おえらい方で大変威厳のある方ですが、自然な笑顔で終始話され 親しみやすく 非常にざっくばらんで 初対面と思えないほど 気さくさと 安心感を覚えました。
 これが、人をひきつける魅力か~ ピュア エネルギーを感じました。おそれいりました(+o+)

投稿者 oyj : 22:46 | コメント (0)

2007年06月25日

見事合格!!今年、香川県TDM研究会はTDMソフト開発ができるようになりました


 香川県出身の故芦原義重氏による「県内の中小企業者等の育成と支援、技術の高度化、産業の振興に寄与する」ことを目的として、香川産業財団が助成金を交付されています。
 我が香川県病院薬剤師会TDM研究会は、香川大学のF先生と香川産業頭脳化センターに行って、交付金を頂戴するために、TDMの大切さをプレゼンをしてまいりました。
 その、結果通知が来ました。見事合格!!
 これで、念願のTDMソフトの開発が出来るようになりました。小さく生んで、大きく育てるように、皆様のご協力とお力添えにより、作ってまいりたいと思いますのでなにとぞ宜しくお願い申し上げます。

投稿者 oyj : 20:58 | コメント (0)

2007年06月15日

薬事新報に掲載


 「薬剤師の業務は、薬の安全を提供することだ」ということなど、いまさら言われなくても当たり前だと思っていた。
 しかし、どのような安全対策をほどこして安全を完璧確実に確保しているかについては胸を張って「こうだ」とも言えなかった。
 まして、抗癌剤は毒性が強く混合調製段階での薬品の取り間違いや投与量の間違いが死亡を含む深刻な医療事故につながる危険性を孕んでいるためミスが許されない業務である。
 このような側面から見ると抗癌剤の調製は、原子力発電所や航空業界で安全を確保するのと同程度の責任感と使命感を持ち全力で取り組まなくてはならないと考えるべきである。
 また、それだけでは患者からの信頼を得ることはできない。
 我々は薬剤部で混合調製を行うと決めたときから「どうすれば安全を確実に確保できるか」ということに深く執着した。事新報.pdfDownload file

 チョト長いですが、薬学専門誌なのに、こんなイントロで書いてみました...、昔は、夏に咲く真っ赤なカンナを見て熱い魂が カッ としたことがありましたRock'n Roll!

投稿者 oyj : 22:51 | コメント (0)

2007年06月12日

打撲傷に擦り傷、切り傷たえる事がありません

 Jr がサッカーしていて、5年生に吹っ飛ばされてしまいその場に倒れこみました。
 シュートを放って片足で体を支えたときに、チャージされた形になって、頭から地面におちて強く打ってしまいました。
 しばらくして立ち上がったので、ほっとしましたが、Jr のプレーは体のバランスが悪くて、前からヒヤヒヤしながら見ています。 

 犬飼コーチは「ボールに向かっていく姿勢がいいねぇ」とおっしゃってくれますが、親としては複雑な心境だったりして。コーチは最後に「怪我をしない体を作るためにはストレッチが大切です。」と指導されておりました。

 Jrは、無理な体勢でもボールを取りに行くので、相手の足と交錯してしまうこともしばしば... コーチいわく「空手の回し蹴りみたいだなぁ~」(笑いながら)おっしゃられるのですが(@_@。チョッと笑えない。

 ほんと サッカーのジャンルは格闘技ですね。

 昨日は、バンマスJr とうちのJr が同じチームでミニゲームをしました。
 攻撃のときに、バンマスJr がスペースに走りこむ。
 パスを受けて、ゴール前の見方にパスを出す。
 3年生なのに、全体を良く見てPLAYしているなぁ~と 感心しました。
 知り合いのS名さんは、子供にそれを教えるためにXBOXのsoccer gameを購入されて息子さんと「そこはスペースに走り込め」なんて、言っているんですよとおっしゃってました。(笑)
 犬飼コーチは「激しくそしてCOOLに!!」とおっしゃってます。なるほど、key pointはそれですね。  
 

投稿者 oyj : 22:11 | コメント (0)

2007年06月07日

子供の同級生の娘の靴に画鋲が..

  その娘が画鋲を踏んでどうなったか顛末は知りませんが、チョット聞き捨てならないことが起こったという気がします。
 誰が入れたかはっきりわかっていません。
 入れた子も名乗り出ていません。
 他人を あざける ことに対して、嫌悪意識が薄い子供がいます。

 とうとう、人の体を傷つけてしまいました。
 他人を傷つけても、良心に恥じないところが 問題です。

 放っておくと、おそらく他人の財産を侵害したりもするでしょう。

 学歴中心の競争社会が ストレスとなって 子供たちの性格を歪めていくのではないでしょうか。
 むなしさの中でぼんやりと 感じる。 

 

投稿者 oyj : 19:30 | コメント (0)

2007年06月06日

また、さぬき砂漠

 今朝、出勤前にいつものように庭木に水を与えていると、長男が庭に飛び出して来て「おいパパ、水を大切にしないと いかん ぞ!!」と怒られた...
 子供達が通う小学校では、6月にプール開きしたにも関らず、7日木曜日からプール中止予定だそうです。 はっや (@_@;)
 給食も簡易給食になるらしい。子供達は、とても残念がっています。ほんとに香川県の水不足は深刻です!
 そういえば1994年夏の大渇水では、水が使えるのは1日のうち2~3時間だけとか、風呂屋やうどん屋や飲食店が休業してしまうほどのダメージを受けた。
 衛生状態を保つためには、水が欠かせない。
 病院は、毎日タンクをつけたトラックを走らせて、徳島県まで水を貰いに行っていたことを思い出した。
 毎年渇水対策本部が設置されているのに、いったい何をしているのでしょうか?県民に節水を呼びかけるよりも、もっと抜本的解決に着手して欲しい。
 こそっ~と住民税上げたのだから、渇水対策を 早くヤレ(怒)

投稿者 oyj : 19:31 | コメント (0)