« 2008年03月 | メイン | 2008年05月 »

2008年04月27日

飲む禁煙治療剤

病院で禁煙セミナーのお手伝いをさせていただいている関係で、チャンピックスの発売記念講演を聴講することができました。

桜の通り抜けで有名な大阪造幣局の隣のホテルで開催されました。

 アジアではタバコを嗜好品として捕らえていますが、欧米では依存性薬物(ドラッグ)と認識しているようです。ニコチンはモルヒネと構造式が類似していているため依存性が非常に強いのだそうです。
 私の周りでも、分かっちゃいるけど止められない人がたくさんいます。 

投稿者 oyj : 23:24 | コメント (0)

2008年04月21日

高松地区ジュニアサッカーリーグ戦

土日毎に繰り広げられた、第32回 高松地区ジュニアサッカーリーグ戦も今日が最終日です。子供たちも頑張ってくれました。リーグ戦のおかげでチームとして一回り成長し、 結果も予想以上のものを残すことができました。

【VS 香西ウエスト 0-6 完敗】

M好監督で臨んだ試合でしたが、6点も取られてしまいました。試合内容はそんなに悪くなかったと思うのですが、頑張って耐えていても、1点取られると立続けに失点してしまう傾向にあるかも・・ 
ところで、前日夜遅くまで作戦とフォーメーションを考えてくれたM好さんに感謝・・・

【VS 国分寺ファイブ 4-2 勝利】

先制点を許したが、よく ひっくり返しました。トップ下のパス出しが良かったのでサイド攻撃ができました。
1点決めれたし・・

【VS 古高松Jr  0-0 引分け】

相変わらずパスだしグ゛ー、サイドもグ゛ーなのに・・0点。何処がいけなかったかVRTで研究しましょう。

さて、この大会のおかげで、チームがだんだんパスを出すようになってきました。良い感触で満足です。
次の大会に向けて頑張りましょう。

「天上天下唯我独尊」(てんじょうてんげ・ゆいがどくそん)・・人と比べるから悩むんだそうです。

がんばって自らを磨いていきましょう。

昨日までの結果なんか価値がない。

明日からの行動にこそ価値がある。

なんちゃって~

投稿者 oyj : 01:06 | コメント (0)

2008年04月20日

監督もコーチも皆ボランティアです

高松中央FCスポーツ少年団は、監督もコーチも皆ボランティアです。

感心するのは、皆さん仕事の都合を調製して指導してくださっているところです。

鬼軍曹(あだ名)も審判をしていただくために休日の朝早くから、わざわざ来ていただいてホントに申し訳ないス。

父母もテント張りや準備などでバックアップしてくれています。

とにかく緊張しました。

そんなボランティアの方々に、「5年団のサッカーのお手伝いをして楽しくて元気をもらった!」という気持ちになってもらえるよう頑張ります。

投稿者 oyj : 23:49 | コメント (0)

応援について

日本のJrサッカーの応援は、そこが駄目あそこが駄目と言い過ぎる!!
と言われています。

私も先週、ベンチから裏を取られないようにマークの指示を飛ばしすぎた。

そこで 今日から 良いプレーを積極的に ほめてあげることにしました。

「いいプレーだ!」「ナイスアイデア!」「オーケー!スーパー」 「いいぞ!」

大声でほめていると・・・

対戦相手のお母さんが「点も入ってないのに何であんなに盛り上がってるの?」と仰る声がVTRに入っていました。

声掛けによって、プレーが萎縮してはいけません。

失敗を恐れずのびのびプレーしてもらいたいから なのです・・・ 

投稿者 oyj : 23:14 | コメント (0)

Wii という ニンジン

リーク戦も終わり・・・ 試合後、勇樹が「ねぇWii買ってあげる?」と聞いてきた。

「今回、wiiは残念でしたネ。」という私の横でがっくりと肩を落とすJrを見て慰めの言葉も出ない。

半分冗談で、「毎試合得点したらWii買ってあげる」などと、ニンジンをぶら下げてしまい 結果として気の毒なことをしてしまったと深く反省。

息子の心の傷にならないように考慮すべきでした。

息子が「次の試合で1アシスト1得点すれば良い?」と前向き発言をしてくれたのが救いです。

投稿者 oyj : 23:02 | コメント (0)

2008年04月13日

高松ジュニアリーグ戦がスタート

いよいよ春が来てチューリップも咲きました。
空は青空が広がっています。
冬には閉めていたリビングの窓を開けると、そよかぜに乗って外気が注がれ空気も気分もrefresh!!です。

さて、今日から 息子のサッカー高松ジュニアリーグ戦がスタート。
6年生中心のこの大会に、会長のおかげで我々5年生も出場させてくれました。
チーム名は、「高松中央FC JR」

ところで、先週カマタマーレ観戦の帰りの車中で息子に「全試合に得点したらWii買ってあげる」と、ギャグで言ったことを息子は真に受けてしまった。
同席していた勇樹や幹太も「タツにパスを回してやらなきゃ」と同情心から協力的だ。
このチームは、こういうpureな盛り上がり方をするので「グー」・・・
すれてない子供たちを見るのは微笑ましい。応援するかいがあります。

さて、そんな感じで望んだ試合の結果は

【VS 十河 4-0 勝利】 

 途中交代でしたが2点取れた。ひょっとして、ト~キックじゃなかった?

【VS 屋島 1-2 敗戦 】

 屋島さんにはポゼッションサッカーをされました。それに対して中央jr は今のところfreestyleなのでボールを支配されてしまい展開が苦しく敗戦でした。実力差がはっきりありました。
 とはいえ、6年生相手によく1点決めました。
 もう1点取れそうだったけど、シュートするのが遅くてtimingを逸してしまったのが残念。 次は借りを返すゼ!!

【VS 香東川 0-4 敗戦】

 悔し~い かな、このチームに、今まで一度も勝てたことがありません。
 このチームも戦術理解ができていてスッバラシイ。
 選手の才能に頼る中央jrには対戦相手の格が違った。 次は、た~っぷり溜まった借りをまとめて返すゼ!!

しかし収穫は、子供たちの試合後の凹み方でした。泣いている子もいました。
先日、コーチが言ったように「君達は、ジャンケンでいうとグーしか出せないんだよ。チョキやパーも覚えたら、もっと勝てるよ・・・」と言われたことを思い出して、新しい知識を勉強して、これからトレーニングをがんばろうネ・・・

 ムム??息子が目を真っ赤にしてるぞ・・ 「クックッッ0点だった・・wiiが・・・」
コイツ本気だったんだ(*^。^*)すっかり忘れてた(;一_一)
たまらず、「後半からの出場だったから仕方ないヨ!!残り4試合で5点取ったらOKにしようヨ。」と一部ルール改正。

【VS 池田 2-1 勝利】

 何度もチャンスがあったけど生かしきれなかったのが残念。
 goalkeeperとの1対1で冷静に決められるようにtrainingしよう。それからドリブルコースがないのに無理にドリブルするのはリスクが大きい。
なんとか、1点決めれたけど・・・wiiまで、あと4点!!

【考察】

 一生懸命な子供達やお世話になっているコーチ達のお手伝いくらいしかできないズブの素人ですが、子供たちが勝ちにこだわりだしたのは良い事ではないでしょうか。

 しかし、クラマー氏が、『自分自身との戦いに勝つこと、それが最も偉大な勝利である』
と言っている様に、少年期における勝利は試合に勝つことだけではないかもしれません。
最後はここに行き着くのではないでしょうか? 失敗を恐れず技術を磨いて果敢に挑戦してプレーしてください。 

【反省】

 私自身、もう少しほめる技術を磨くことにします。すばらしいぞ・いいぞ・もう一度いけ・良いプレーだ
と言ってのびのびプレーさせてあげなければ・・・と 猛省しています(>_<)。
 大人でも会社で、けなされると凹むもんね・・モチベーション下がるし。

【参考】

今後の課題のポゼッションを調べてみましたのでここでメモしておきます。

ポゼッションの目的は相手にボールを渡さず、ゲームのイニシアティブを握ることで、局面次第では休むことも攻め続けることも出来ます。
基本的には主にトライアングルを確保して複数のパスルートを使い長短のパスを繋いでオープンスペースを作り出してそこを活用する事になります。
「ポゼッション=ポジショニング」。
ボールホルダーの周りの選手が動いてパスコースを作り、この中からボールホルダー=パサーは流れの中で最適なものを選ぶという事だそうです。 つまり「動いた先にパスを出す出さないをパサーが判断しプレーする戦術」。ただしその分、豊富な運動量が求められます。
この戦術は、FCバルセロナがこの戦術を得意としているようですが、バルセロナのようにロナウジーニョがいなくても、子供たちにも実現可能なのだそうです。とりあえずキープ力とパス力があればポゼッションで相手を崩すことはできるのだそうです。練習は基本的なサポートの種類を確認してパスゲームの練習をするそうで、3対2、4対3、5対3といったポゼッションの中でパスをしてディフェンスの間を広げる、広がったところをドリブルでしかける、あるいはスルーパスを出すなど、プレーのイメージを広げるようです。
しかし、小学生でこれを教えることは、1対1での技術を磨く妨げになるのではという反対の意見もあるようです。
それから、ポゼッションサッカーをするチームにはカウンター攻撃が有効のようです。

投稿者 oyj : 19:43 | コメント (0)

2008年04月06日

オ~オ~ カマタマーレー 讃岐の意地を見せてやれ!!

四国リーグ開幕戦の無料招待券をいただきました。ので、中央FCの子供たちと生島県営球場にカマタマーレ讃岐の応援に行ってきました。

途中で羽中田監督に会いました・・・がマネージャーらしき方のマンマークに攻めきれず、お話できなかったのが残念(T_T)/~~~
後で分かったのですが、4月13日の『情熱大陸』の撮影していたらしくて 大変 お邪魔になっていたみたい。(すいません・・23時からTVで拝見いたします。)

 13時から開始なので、芝生席でお弁当広げて腹ごしらえを済ませました。
J ほどの演出はないですが、1300人が応援に来たそうです。(セルジオ越後さんも来られていたらしい)

さぁ~て VS 徳島コンプリール 開始の笛が鳴って テンション アップ。
途中逆転される粋な演出もありましたが 結果は10対3の大勝!!

応援歌も覚えたことだし!!羽中田監督にも会えたし!!

こうなりゃ なんとか J に昇格して  ぜひ!!鹿軍団と対戦して 勝って 欲しい(*^。^*)

カマタマーレが勝って、ちびっ子たちを気分良くサッカーの練習に送りました。

そういえば、キミたちは 来週から、 高松地区ジュニアサッカーリーグ戦が始まるじゃないか。
パパコーチも4級審判も線審で、がんばるぞー

投稿者 oyj : 22:50 | コメント (0)

さあ~新しい期に突入だ 

子供たちが「花見にいこぅ~」!!もう春だし、心機一転して「ほいきた」とアクティブモードに切り替えて夕方からミニお花見に出かけました。
飲み物とお菓子を買って、近くの桜の名所・・公渕公園(きんぶちこうえん)まで、普段なら車で10分のところが、さすがに今日は渋滞していますネ。

公渕公園には長い桜の並木道があり、まるで桜のトンネルでした。淡ピンク色に包まれてしばし歩くと、とてもさわやかで気分爽快、凛とします。まさに、眺めを何に喩(たと)うべき~という感じ・・・
 芝生広場に着くと子供たちがリフティングやフラフープで遊び始めたので、ビニールシートを広げてジュースを飲みながら時を忘れてリラックス。広場は、和やかな笑いと楽しそうに話す仲間たちや恋人達、子供と遊ぶ家族でいっぱいでした。
 のんびりと過ごすこと約30分、バンマスから携帯が鳴った。
「今まで仕事してたよ~お中元のカメラ撮影なんだけど・・・撮ってたお肉や魚があるから食べにおいでヨ~」「了解しました band master!!」犬飼コーチご夫妻もお呼びして、日付が変わるまで宴会は続きました。
今夜も楽しい会話で最高!!

投稿者 oyj : 07:04 | コメント (0)