« 2009年03月 | メイン | 2009年05月 »

2009年04月29日

トレセンだめでした

今日連絡がありました・・・Jrのトレセンの結果は やはりダメでした (^。^) 
凹んでましたが・・・ここからが、本当の強さが試される機会です。
自分のレベルに何が足りないか?見つけて・・それをどう克服するか、対策を考え修正して、望む気があるなら、次の挑戦に挑んでください。
斉藤孝が強い人間は、心がやわらかい人間だと言っていました。
山はそこらじゅうにあるよ!!登山家は、登るか登らないか・・相当悩み苦しむそうです。
さて、彼は「悔しさ」というガソリンを何リットル補充して、何キロ走ってくれるでしょうか?

投稿者 oyj : 21:40 | コメント (0)

2009年04月26日

目指せ「お団子サッカー」からの決別

低学年と高学年の違いは、ボールに寄って来ないことだと思います。
ウチの6年は、ボールが来ると、目の前に、敵が「居ようが居なかろうが」、
とにかくドリブルでゴール方向に向かって突っ込んで行く。
そして、相手に奪われるか、苦しくなって蹴りだす。

もう6年生だから・・・相手チームのディフェンダーも相当戦術を理解しています。
ドリブルを選択することで、ほとんど相手選手に取られてしまいます

だから
パスをつないだり、スペースを使ったり、相手のプレーを予測して守備したり・・・
低学年とやり方を変えなきゃいけません。
ゴールを取るには、低学年とやり方を変えるという意識をしないと・・・

今日、自分のボールを相手に奪われたら 「退場」というルールでミニゲームをしました。
ものの1分で終わりました。 それほどパス回しができていません。
仕切り直しの気がします。

投稿者 oyj : 18:04 | コメント (0)

2009年04月25日

チリ コン カーン

今日は兄ちゃんの12歳の誕生日!!PS3の「ラチェット」買ってもらってました。
じゃあ 今夜はご飯でも食べに行こうか・・・ということになって夜はピザ屋さんへ

兄ちゃんも妹も ピザとパスタは お好きらしい(^。^)

けど この兄妹、食事の趣味が合わないのでママが苦労している。
兄ちゃんは 「蕎麦」  「どんぶり」
妹    は 「ラーメン」 と 「チリコンカーン」?? が大好きらしい。

「チリコンカーン」? ひょっとして、あの豆が口の中でモゴモゴして いまいちのヤツですか・・・
妹いわく、エッーー 「豚インフルエンザ」で 大好きなチリコンカーンが食べれなくなるの?

投稿者 oyj : 23:19 | コメント (0)

2009年04月20日

口の悪い人の集まり

 昨日、T島大学の教授とK川大学副薬剤部長と打ち合わせ後の食事会がありました。
 わざわざおいで頂いたので、讃岐饂飩料理 郷屋敷でご接待させていただきました。その席で 副薬剤部長から「先生は、悪気は無いんでしょうけど、厳しいことを直に言いますネェ」と笑われた。
 元来、私は無頼漢で育ちが悪く、人が「ビートルズがいい」と言えば「ストーンズがいいと」言う ひねくれた要素を持ち合わせているため、回りくどく言うことを良しとしないところがあります。
 しかし むしろ、そんなこと思ってもいないのに、言葉がとても丁寧で、きれいごとを言う人は腹に一物、心中ひそかに思っていて、心が打ち解けた気がしません。当人の前ではニコニコして当人がいないと罵倒するのは、裏と表があって駄目です・・
 なので私の周りは、直球一本で来る人ばかりです。 たまに打ち返されますが・・・

投稿者 oyj : 22:10 | コメント (0)

2009年04月12日

春のリーグ戦 イエローカード

 

VS 国分寺5 1-0 勝ち このチームと今秋に戦ったら負けるかもしれない・・・いいチームでした。

VS 内海  2-4 負け 2回審判させていただいたので攻撃パターンがわかってましたがやられました。低学年がたくさんいたのに負けるとは・・・4失点はいただけない。

VS 木太  3-0 勝ち ココも低学年が混じっていました。体格で勝てただけ。

VS ディアモーレ 0-3 負け 前半5分はいい試合でした。子供は疲れると思考ストップするみたい。

Sコーチが、「サッカーは相手とぶつかる競技だからそれが嫌なら辞めなさい」と言われるほど、闘争心がありません。子供たちのソックスやユニフォームが洗濯しなくても大丈夫なほど、汚れていない所にふがいなさを感じます。
Yコーチも運動量が足りないと言われてましたヨ。

この大会・・・息子のプレーが荒い・・・ので、イエローカードを提示されました。
同じスクールに通うK下君に対して、相手スローインで後ろからぶつかって吹っ飛ばしていました。
ワザとやった訳ではないと言っていましたが、あんなに興奮してバタバタしたプレーでは、シッカリしたトラップやキックができません。シッカリと教育的指導をしました。
小学生でyellowもらう奴いないと思うよ・・・また一つ思い出ができてしまった。 

投稿者 oyj : 20:19 | コメント (0)

2009年04月11日

トレセン選考会

昨年の秋から、息子が 「トレセンに挑戦したい」と 言ってました。
そのため、秋から毎朝リフティングを続けてました。なにより「挑戦したい」気持ちが大切でした。
トレセンに合格するには、センスも必要だと思います。
うちより更に、もっともっと練習している子供さんもいます。ので、センスが無い息子は選ばれるのが難しいでしょうね。
しかし、計画を立てて、半年間、毎朝続けて練習したことは立派でした。
 

同じ駄目でも、練習もしないで受けるより、悔しさが強く残る・・
「悔しい」と思うことならば実現可能性は、そう思わないことよりは高いらしい。
悔しさは成功への種なのだそうで、貴重な体験でした。

投稿者 oyj : 23:25 | コメント (0)

2009年04月09日

春のうららの

今日は、小学校の入学式

Jrは、出かける前に 6年だから手伝いしなくちゃいけないと言っていた。

通勤途中で、お若いお母さんと黄色い帽子をかぶった新一年生が
一緒に登校しているのを見かけました。

5年前、長男と小学校の桜の木の下で記念写真を撮ったのを思い出します。
青空に淡いピンクの花びらがそよ風に舞っています。

投稿者 oyj : 19:54 | コメント (0)

2009年04月05日

春のリーグ戦 1日目 2日目

1日目
VS 牟礼 0-2 負け
VS 土庄5年 4-1 勝ち

2日目
VS 屋島 0-2 負け
VS 多肥 1-2 負け

 確実に負け慣れしている。多肥さんのように5年生主体チームにも負けるようになってきた。
3年4年の頃はもっと勝てていた。

6年生は、6名の子供がクーバーかダイヤモンドSSのサッカースクールに通っている。
他のチームで、こんなに多くの子供がサッカースクールに通っているチームは・・・おそらくないだろう。

試合結果を受け止めて、
選手もコーチも勝てない理由を、正確に把握していただきたい。
選手もコーチも結果を謙虚に受け止めて、
選手もコーチも常に自分に反省し、修正し、そして勝たなくてはならない。

スポーツ競技をするのなら、勝つことが目的です。
子供たちのこれからの人生で負けてもいい場面は、ひとつもない。常に戦いだと思うのです。
子供たちに、サッカーを通して、努力すれば勝てる事を教えてあげることがコーチの責任だと思うのです。
子供たちに責任をかぶせてはいけないはず。

投稿者 oyj : 23:46 | コメント (0)

2009年04月03日

栗林公園の夜桜見物

春らしい空気が漂い、衣服も軽やかになり、病院にも新風が入ってきました。
今日は、家族でお花見弁当を買って、ミシュランの観光版(ギード・ベール)日本版で、最高評価の三つ星に選ばれた、「栗林公園」のライトアップされた夜桜見物に行ってきました。
 
 桜と月
 

投稿者 oyj : 23:21 | コメント (0)