« 2010年05月 | メイン | 2010年07月 »

2010年06月30日

そして新しい扉を開く

昼食に近くのうどん屋に出かけると、店舗移転の張り紙をしてあった。

今より、栗林公園に近い場所に移転するらしい。
たしかに、現在の店内は、うどんを注文するために通る通路と、お金を払って食器を片付けに行く通路が同じなので客どおしがぶつかってしまい、動線が悪く流れが悪いと感じていた。
次の新店舗ではきっとそのあたりが改善されていることでしょう。

全日本はパラグアイにPK負け。
ベスト4の目標には届かなかったが、突然ゴボウ抜きに順位を上げることは難しいだろうが、それでもコツコツと頑張るしかない。
時は流れる、終わればすぐに新しい目標に向かう。感傷にひたっているひまはない。

本田選手が・・・フリーキックを決めて勝ったデンマーク戦の後・・
「思ったほど、あんまり嬉しくないんですよね」とコメント!
人生もサッカーも常に前進しているからネェ~~~

自己満足しない人間の多くは、永遠に前進し、永遠に希望をもつ ~ 魯迅

投稿者 oyj : 16:50 | コメント (0)

2010年06月27日

第5回 レインボーカップ

第1回目のレインボーカップは、息子が3年の5月に入団して2ヵ月後の大会で、その時はものすごい大雨でした。今回は、それ以上の雨が予想されていました。

昨日から降り続く雨で開催が危ぶまれた、今年のレインボーカップに、父母の方も全身ずぶ濡れになりながら準備をしています。会長は心配で朝2時までグランドにいたそうです。

朝5時に起床すると雨はやんで曇り空でした。6時30分集合で、グランドに行くと、水溜りもなくなんとか大会が出来そうです。1年から6年までの父母や全指導者が来て手伝いしています。

こんな高松中央FC主催の大会に、自分が監督で出場するなどとは、思ったことすらありません。
今までの成績に恥じない結果を残すことがプレッシャーで、逃げ出したい気分ですが、一度引き受けたからには可愛い3年生のために責任を持って指導しようと自分に言い聞かせて今日を迎えました。

【目標】は
1.強い気持ちでボールを奪うこと 
2.ボールを追い越す動きをすること 
3.今まで学んだフェイントを使ってみること 
【上達目標】 
1.横の選手を使うこと

1試合目は、ボールを奪う気持ちが強くて、ボール支配率が高かく、サイドからあがる攻撃もできていましたが、2試合目と3試合目は暑くてだれたのもあってか、プレーに戦術が見えず緩慢でその場しのぎのプレーが多く、その結果、ボールウォッチャーと団子サッカーになってしまいました。

結果
対 加茂  5-2 勝ち
対 附属  0-3 負け
対 香東川 0-2 負け

4位でした。


附属・香東川には連敗をした結果となりましたが、失点は少なくなっています。
目標の1番は今の学年レベルでは合格でしょう。2番はあとの2試合では出来ていません。3番は個人差が大きく出ました。

今年も打ち上げは「居酒屋 La'なら」でコーチやお父さん方が反省会。
幅いっぱいでサッカーをするポゼッションサッカー、ファーストタッチのトラップ、寄せの早さやとられた後追いかける、などの向上を指導されました。この内容は昨年と同様ですから、こんなもんでしょうか。

子供たちもお疲れ様でした。

打ち上げから帰って、超多忙な日曜日も終わり、楽しみにしていたイングランド対ドイツの試合を見ました。
イングランドの国歌斉唱の時ジェラードが写った後、MICK JAGUARが写っていました。
MICKはやっぱりEnglandを応援しているんだね。I Know It's Only Rocn'roll But I Like It(たかがロックンロールというけれど、俺はそいつが 大好きなんだ )
We know that. It's only soccer But we Like It.

投稿者 oyj : 23:58 | コメント (0)

2010年06月25日

強い気持ちと眠気

昨晩は缶ビール飲んで21時に寝床ついた。

そして、次に気がついたのが夜中の3時。

リビングに行って、TVのスイッチを入れ、おそらくヤラレルであろうデンマーク対日本の南アフリカW杯をソファーに寝転がって見始めた。

試合開始は絶対負けそうな展開だったが、前半ポンポンと点が入って、あれ?勝つかも・・・と思えてきた。

 岡田監督が、W杯予選で負けが続いたため、明確な目標を持つこととして「W杯本大会でベスト4入ることに本気でチャレンジする」と言った。
 そんな目標は、大きすぎて誰も信用しません。しかし彼は本気だったんですね。
 岡田監督は、本気でチャレンジすることは、生半可なことではありません。犠牲が必要です。「はい、ベスト4行きます」と言うだけで行けるわけがない。 それは大変なことです。「100%」と言ったら98%じゃダメ、100%なんだと。 運というのは誰にでもどこにでも流れているんです。それをつかむか、つかみ損ねるかなんですよ。俺はつかみ損ねたくない。だから常につかむ準備をする。壁は邪魔をするために現れてきているわけじゃない。本気で目指しているかどうかを試すために出てきている。本気なら必ずその壁を乗り越えられる。本気じゃなかったらあっさり壁に阻まれる」そう選手に言うそうです。

 高い目標と100パーセントの努力 
対 デンマーク
 3-1 勝ち 

投稿者 oyj : 08:00 | コメント (0)

2010年06月20日

ブブセラうるさい ぞ

まるで、ブンブンとまとわりつく虫のようだ。

さて、JrはBT37.5度あるのにサッカーの試合に行かれました。
 対 三木中
1-0 勝ち

途中で交代しましたが、まあ、よくも あれだけ走りよるわ・・・
そういえば、オシムが動くべきところに動くべきときに動くと言っていたなぁ~もう少し素人に分かるようにいってほしかったなぁ。 そういえば、岡田ジャパンも前線からプレスにいってるなぁ~と思いつつ、結論が出ない。最近犬飼コーチと話してないなぁとか・・思考がばらばらになって、これも湿度のせいかと思いうつろいで試合を見ていた。

それにしても、湿度も高くて空気がまとわりつく、ブブセラも不快な音立ててまとわり付く・・しっしっ

投稿者 oyj : 22:45 | コメント (0)

2010年06月19日

タマシイレボリューショ

Am→C→D→F→G→Amのマイナーキーのダイアトニックコード進行。

stand ! monster ! 頂上へ!
道なき道を~きりひらくとき~戦いのうた未知の世界へ 魂 レボリューション~♪

Superflyがサッカーのテーマ曲?と違和感を覚えつつも、サッカーの動画場面とあわせたNHKのビデオはパッションほとばしる、いい出来になっています。
50秒の南アフリカチームのダンスと曲が完全にマッチしていて、まるでこのために作ったプロものように仕上がっています。

我が高松中央FC3年団もレインボーカップに向けて特訓中・・・

今日は、十河sssさんとのトレーニングマッチ

  3-0 勝ち
  1-0 勝ち

なんとか、ダンゴサッカーを卒業し、勝利することができました。
少しずつ周りが見えてきてくれているようです。
なにより、第一目標の、強い気持ちで戦うことができました。
こうやって、子供たちは力強くfighterになる階段を登るのでしょうか。

いいぞ タマシイ レボリューション

投稿者 oyj : 23:11 | コメント (0)

2010年06月18日

東京出張2010

ここ数年、東京に着くなり、ある友人と会うことにしている。
昔、バンドでベースを弾いてもらった人です。最終学歴は京大というツワモノ。Aさん。
今回は、17時に品川プリンスで待ち合わせました。
今回の東京は気温も高いが、実に湿度が高くて参った・・・湿気が体にまとわりつく。

会うや否や、さっそく品川駅のニューヨークグランドキッチンに直行。

ドラフトビールと生ハムを注文したら、エトーに似た黒人のバーテンダーがカウンターまで運んでくれた。
特に生ハムは、高松で食べるスペイン産のイベリコブタと違い、塩分も少なく肉厚が厚くて旨みの強い一品でした。
 New York気分で一杯飲んだら、次は牡蠣バーの「グランドセントラルオイスターバー」へ店を変えた。 
 まずは生牡蠣にビネガーを付けて白ワインと一緒に食す。 生牡蠣は広島・三陸・松島・オーストラリア・タスマニア・フロリダ・・と産地別の生牡蠣が食べられる。
 せっかくなので海外のオーストラリア産を食べてみた。日本のより小粒な印象で、口に入れると最初は塩辛く感じたが、徐々に甘みを感じるタイプの牡蠣でした。
 次はNew York定番と書かれている、チーズとバジルとオリーブオイルを加えて焼いた一品を注文。


定番料理は、味に間違いなし。コッテリした味にすっきりした白ワインが非常に美味しい。

さらに店を変えて、築地→六本木→銀座→品川と渡り歩き、楽しくハードな夜を惜しみつつAさんは終電に乗り込んで1日目が終了いたしました。

翌日の研修会後の懇親会では、K倉記念病院のM田先生から「森伊蔵」を差し入れて頂きました。

 アッというまに空き瓶がごろ~ん という始末。ロックで頂きましたが、美味しかったです。
 二次会もそこそこに、ホテルに帰り部屋の電気を消して、アルゼンチン対韓国戦を観戦しつつ、東京タワーが見える部屋で窓を開けたまま熟睡しました。


本部にある「赤とんぼ」という銅像・・・いったいなんでしょう?

投稿者 oyj : 22:14 | コメント (0)

2010年06月13日

いよいよ ○○カップ

 ○○カップと言えば、ワールドカップではなくて、高松中央FCのレインボーカップ。
6月27日に開催され、現在その準備に、在団のご父母の皆さんがご尽力くださっております。

 我が3年団は、岡田ジャパンと同じく、今期に入って一度も勝ったことがありません。 そこで来週は十河SSSさんと事前強化試合をさせていただきます。 岡田ジャパンでいうところのコートジュボアールとのテストマッチでしょうか。

 さすがに、B型のマイペースの私も、そろそろ焦躁感を感じます。
 なにせ、歴代の結果は、1回目4位、2回目・3回目準優勝、4回目3位ですからねぇ

 今日の練習後、Y城監督と話していると「別に結果が出なくてもいいですよ(^_^)v」と言ってくれて、もろもろのアドバイスをしてくれました。

 レインボーではベストフォーをめざして感張ります。

追伸
 3年団のコーチである、K村コーチとK人コーチは、昨夜、朝の3時まで一緒に飲んで語られたそうです。 ただ、そんなに語り合った内容のほとんどはデリートされているようですが(笑)。 今日は、K人コーチの声が嗄れていましたのでよほど楽しかったのでしょう。お二人の好みはDカップなのだそうです。
 ホント、高松中央のスタッフは皆さん 仲が良いです。 オープンマインドですね。
 皆さんに支えていただいております。

投稿者 oyj : 23:56 | コメント (0)

カラスミ作り

スーパーで鯛の卵巣を売っていたのでカラスミつくりに挑戦した。

1週間冷蔵庫で、塩漬けにする。

その後1週間、天日干しに

見た目は悪いのですが、あめ色のカラスミができました。

さっそく味見をしたところ・・・ウッ マズ
苦いというか、味がないというか とにかく 似て非なるものになってしまいました。

今回は様子見です、失敗しないことには何も学べません。再挑戦することにします。
そんな大げさなことではないですけど・・・(>_<)

投稿者 oyj : 22:41 | コメント (0)

2010年06月05日

めざせ生島

高松中央FCの3年の大会で、めざせ生島という大会がありました。
生島というのは、香川県のサッカーの大きな大会をやるスタジアムを指していて、子供たちにそのスタジアムでプレーできるような選手を目指して頑張ってね!というメッセージをこめた大会です。

試合は、紫雲JFC、屋島FC、志度サッカースポーツ少年団との試合でした。
30度を超える気温でしたが、 子供たちの公式戦発デビューと久しぶりの試合なので子供たちも気合充分!!

結果は、
VS紫雲JFC 0-6 負け
VS屋島FC  0-7 負け
VS志度サッカースポーツ少年団 0-9 負け

と空回り さすがに いつも元気な子供たちが ドョォ~ン と湿った雰囲気になってしまい・・・困りました(笑)

 その後の指導者会では、今後も 今までどおり 個人技を中心に教えてください。
ホゼッションは高級学年で 教えますからと温かいお言葉を頂戴しました。

 御父母からも、今年の終りくらいに一つ勝つ程度でいいですので、気にしないで下さいと 仰ってくれて複雑な思いでしたが、暖かく受け取らせて頂きました。

 こうやって皆さんに励ましていただけると、サッカーは係わる我々も、助け合い(チームワーク)なんだなぁと実感します。 私も、皆さんの足を引っ張らないように、子供たちと一緒に頑張っていこうと思います。

 
 試合後、Jrのチームのディアモがカマタマーレ讃岐と練習試合をするというので、東部運動公園に向かいましたが着いたときには、試合が終了したところでした。今日のJrは途中で引っ込んでしまったようです。 さぞかし スタメンがやばい事を実感したでしょう・・・。
 サッカーは助け合いのスポーツだけど競争がある 複雑な社会ですね。
 明日はトレセンのセレクションに行くのだそうですが チャレンジするだけでは だめですネェ~

訓示 「自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ」

投稿者 oyj : 23:54 | コメント (0)