« 2011年02月 | メイン | 2011年04月 »

2011年03月26日

カマタマーレ讃岐

 Jrがカマタマーレ讃岐ジュニアユースと試合をするというので、西部グランドに応援に行くことにした。
 カマタマーレ讃岐は、愛媛FCに勝利するくらい強いチームで、友人のA木さんの息子さんが所属している。
 あいにく息子さんは膝の故障で今日は出ないらしい。

 途中で後ろの駐車場にベンツが入ってきて停まった。
 重たそうなドアを開けて降りてきたのは、トップチームの北野監督でした。
 「チワ~ス」と挨拶すると、監督も「コンニチワ」とフレンドリーに挨拶してくれた。

 ジュニアユースの試合を監督が見に来るのは初めてのことらしい。

 試合が開始して、ものの3分くらいで、Jrが監督に呼ばれておろされた。
 なにやらコーチにコッピドク怒られている。その後延々とコートの横をランニング(>_<) そうやって 精神力を高めなさい~。

 カマタ=釜玉うどん 胸のエンブレルに釜玉うどんが書かれている
 マーレ=海      ブルーのユニフォーム

北の監督がボソッと「ボール見すぎ!」と言ってベンツに乗って帰られた。

投稿者 oyj : 17:16 | コメント (0)

2011年03月21日

お彼岸

久し振りに お墓参りに行く。

多度津の四国七十七番札所真言宗醍醐派大本山の道隆寺(どうりゅうじ)にあるお墓に向かった。

近くの花屋さんで 御花を買うと おばさんが私を覚えていてくれた。「50歳になった今でもわかりますか?」と聞くとわかるのだそうだ。中学生の頃以来なのに。
 志々島の名産キンセンカをたくさん買った。

 昼は、多度津の名店 上海軒に行った。

今は、知らない人がいないほどの名店にのし上った。(たぶん本人はのし上る気はなかったと思うけど)

私は正直 ここの「中華そば」で育ったといっても過言ではない。

両親が共働きだった私は、毎週土曜日の昼は上海軒のラーメンに決まっていた。
先代の店主が、ラーメンと焼飯を毎週、棚で仕切った木箱(岡持)に入れて、バイクでもってきてくれたのを思い出す。

 上海軒のラーメンは「中華そば」であってラーメンではない。世に言うラーメンは、別のカテゴリーにある。

 さすがにラーメンの味が当時のままというわけではないが、ほとんど同じといって良い。母親の味とよく言うが、それはおそらく 昔食べた 味覚の記憶がどのように脳みそにレコードされているか判らないものの 確かに それがよみがえり その結果、ノスタルジーな気持ちに浸り安らぐ。不思議なものです。
 よく、四国を離れた人が帰郷する際、宇高連絡線のうえで必ず甲板で売っている「連絡線うどん」を食べて安らぐのと同じか・・・

 隣で、息子が「ここのラーメン美味しい」と言い ながら食べていた。
 コイツにも上海軒のDNAが備わっているのか・・・

 ご先祖に感謝し 手を合わせる

投稿者 oyj : 20:53 | コメント (0)

2011年03月19日

大震災

3月11日 その時 品川にいました。14時30分頃・・・

 ぐらぐら グラグラ ぐうらぐうら から やがて 壁がミシミシミシと音を立て始め、地面がグオゥと音を立てていた。掛けていた絵が傾いた 机上の 蓋付きの茶碗と茶托が、ひっくり返って、こぼれたお茶が波を立てていた。

数分続いた後、やがて収まり 落ち着かない気持で 廊下に出ると 非常用ドアが閉まりエレベーターがストップしていた。 閉じ込められたのだろうか・・・ と心細く そして途中で危ないという感じになり、速く屋外に出たかった。

階段を使って、1階に降り 外に出て とりあえず新宿の予約しているホテルに向かおうと駅に向かった。
町は、警報がなり、拡声器での案内が鳴っていました。

当然、すでに電車はストップしていて 駅には人が溢れていた。 さすがに焦ってきて、今度はバス停に向かう。長蛇の列が出来ていてた。バスの運転手が運行停止命令が出ている事を伝えた。

品川プリンスに向かい、タクシー待ちをしようとしたがタクシーなんてこの期に及んでくるはずもなく、途方にくれた。列待ちしている人が苛立ってつながらない携帯を何度もかけたり、仲間と希望的なこと悲観的なことを話す。それも タクシー待ちを いつどの時点であきらめるか の状況だった。

今夜は野宿か・・・都会の真中でたくさんの人にまぎれて 喪失感を感じた。携帯電話はまるで通じず、都市ガスも止まったため飲食店は全てクローズになった。

なすすべもなく、もはやLet it be 状態で どこで今夜は夜を明かすか考えたら、恐怖感がふつふつと沸いてきた。 夕方の5時、気温が下がりはじめ日がくれ始め、心底不安になってきた。

でも、私は 一枚だけ最後のカードを持っていた。
実は、病院の本部ビル(研修所)が品川にあるので 最悪の時は厚かましく ここに駆け込んで泊まってやろうと思っていた。 日が暮れる前に行かないと と思い、道をいそいだ。 本部ビルも地震の影響で入り口のガラスが割れていた。

 研修棟に入ると、研修に来ていた多くの人がいて この地震で どこにも行けず TVのある部屋に集まっていた。 事情を説明して、その人たちと一緒にTVを見ていると だんだん全貌が見え始め ことの深刻さを認識し、愕然とした。

 運良く、研修会の懇親会用に確保していた食事があり、頂く事が出来た。
 研修棟で泊まることも出来たが、寝具がないので、研修に来ていた知り合いの予約している品川のホテルに もぐり込ませてもらうことになり、バスタオルとシーツをまとって寝ることにした。

交通機関は全てストップ。

 翌日は、9時から羽田~品川間の京急が動き始めたので、羽田までは行くことが出来る。心配していた飛行機も高松まで飛ぶというので、便を変更して早い便に乗り込んだ。 バスや京急以外は、まだ動いていないので飛行機にもまだ空席があった。空港で寝ている人もたくさんいた。

  はやく家に帰りたいという 一心で飛行機に乗った。運が良かった。

  もし新宿で地震にあっていたら帰れていなかった。

電車が止まって皆さん歩いて帰宅する人がたくさんいた。車道にまで人が溢れ多くの人が一晩歩きとおした。 人間のバイタリティーと生命力の強さを感じます。 そして、報道でもあるように皆が親切でした。ビルを開放してトイレを貸したり、毛布を貸し出したり、真面目で勤勉 そのイメージのままの様子でした。 

帰宅すると、家族が喜んでくれた。帰る家があるということだけで 本当に幸せなことです。

東北の方はとても大変だと思います。僕たちで お手伝いできることをしていきます

投稿者 oyj : 16:52 | コメント (0)

2011年03月07日

子曰、君子喩於義、小人喩於利

 最近、中国ドラマにハマっている・・NHKの「蒼穹の昴」、WOWWOWの「孫子《兵法》大伝」
 中国の色使いや伝統美と衣装もさることながら、とにかく女性が美人(^_^)vというわけで、毎週録画して見ている。
 午前中は、中国ドラマを満喫して、昼前に今週の東京への切符を手配しに旅行会社へ、それから、薬剤師会の代議委員会に出席。
 ひさびさに滝宮病院のS能薬局長と合う。
 しばらく話しているとまたコンサートしたくなってきて、S能先生の伴奏つきでやろうということになりTONTONでライブすることに決定\(◎o◎)/ 時期は未定です。S能先生のカンコピ待ちです。
 薬剤師会では、インターネットで薬が売られる話や調剤薬局の社会評価が低く診療報酬が下げられそうなこと・・・憂いることが多い内容でした。

 そういえば、今朝の中国ドラマでこう言っていた。

君子は義に喩(さと)り、小人(しょうじん)は利に喩(さと)る。

「人格者は正しさを求め、つまらない人間は利益を求める。」という意味。

はたして、薬剤師は君子でしょうか?

そのまま練習に行く予定でしたが、雨天のため中止。
一旦帰宅して、今朝のWOWWOWのバルセロナの試合を見て、来年のU-10のポカリスエットサッカーリーグin香川の抽選会に行く。
 抽選会場にはたくさんの人が来られていました。 緊張しながら抽選箱に手を差し込み玉を取り出すと30と書かれていた。30番らしい・・ということは、対戦相手は、屋島SSS、香東川、東かがわ、太田、国分寺、FCディアモjr、津田、志度、シーガルのいるC組でした。
 どこも強いチームばかりで、やばい。しかも今年からFCディアモにJrチームできてそこと当たっているし複雑な気分。
 また、勝った負けた出一喜一憂する日々が続くなぁ~ それにしても、完璧ボランティアという面では、俺も立派な「君子」と呼んでもいいでしょう。

投稿者 oyj : 20:33 | コメント (0)