« 2011年03月 | メイン | 2011年05月 »

2011年04月29日

木太中学校との練習試合

モンテHさんからメールが入る。

「今日の試合行きませんか?」今日は、FCディアモと木太中学校の練習試合らしい。

木太中学校の3年生と2年生は、ほとんど高松中央FCのOBだ。

久し振りに会えるチャンスなので、FCディアモと木太中学校の応援をしに行くことにする。

「Jr は出ないかもしれませんが、みんなの応援に行きます」と返信。

結果は、3年生は1-0で木太中の勝ち。2年は0-1でディアモの勝ちでした。

ママも 応援というより 木太中学校のお母さん(元高松中央FCのお母さん)と 話すのに夢中。

木太中のOBも チョッとぎこちないけれど みんな きちんと挨拶する。しばらく話し込んでいく子もいる。

 Jrは、最後10分しか出なかったけど 楽しかったと言っていた。 ヤツは最近、坊主効果なのか まっすぐな言葉に、 なにか吹っ切れたような気がする。

 明日は、高松中央の練習に コーチとして行く と言う。 

投稿者 oyj : 22:52 | コメント (0)

2011年04月28日

THE MODS THE MODS TOUR 2011“30 STRIKES” ~West Bound~

今夜は特別に日、5時過ぎからビールを飲んでいる。6時30分に高松DIMEに行くためにテンションをあげている。

 今日は、THE MODS LIVE ! だ。 なんでも デビュー30周年らしい。

1981年クラッシュかと思うような格好で「崩れ落ちる前に」でデビューなので確かに30年だ。
1982年に始めての野外コンサートが伝説になった 「雨の日比谷野音」 を見にいった。
http://www.ohyahjesus.com/abee/archives/2006/08/major.html

DIMEには2006年、2008年に来ていて、欠かさず見ている。
http://www.ohyahjesus.com/abee/archives/2006/04/the_mods_comple_1.html
http://www.ohyahjesus.com/abee/archives/2007/12/the_mods_live_t.html

6時30分DIMEに着く。と ビックリ 客が少ない!! いつもの怖い兄ちゃん姉ちゃんが今年はいない。
革ジャンライダースが少ない。モヒカンも少ない。 おまけに俺はネクタイだ ~ ~ ~
30年もやってりぁ モヒカン革ジャン続けるのも無理があるかもナ しかたない。いろんな親父になり方があるよ。
 モギリの兄ちゃんが、仕事を始めて いよいよ 開場となる。ビールを頼んで 会場に入り、即座にTシャツを購入し着替える。

 じわじわとテンションが上がり、いつも来ている兄ちゃんが、「モッズ」コールを始める。「MODS!MODS!MODS!MODS!MODS!MODS!MODS!・・」出てくるまで続けるのでかなりキツイ。
 MODSを観るときは、シュプレッヒコールのようにコブシを突き上げなくてはならない。

DIMEのステージは、特殊で 出演者が二階からステージに急な工事用の はしご を駆け下りるのが、非常に珍しい。いわゆるステージ袖がない。 その階段を駆け下りるので、かえって 出演者が舞い降りるように見え かっこいい登場になるので好きだ。

 MODSが登場し Rockがうなり、 コブシを突き上げ 一緒に歌う ! ビートにあわせてTシャツの背中を、熱い汗が流れる。

 あっという間に1時間40分、数曲のアンコールを終え「30年付き合ってくれたファンの人へ!感謝します」と森山が俺に向かってそんな事を言う。
 そのとき、森山は俺と「日比谷野音」をともにした事を確信している。
 そして ドッド ド~ンというドラムの残音を残し、彼らはステージを舞い上がり 帰っていった。

 モッズを高松で見れるのは幸せなこと。なぜなら青春の情熱とパワーを シンクロさせることができるから。
 また、来てくれると良いけど、この客の数が気になる。せめて、彼らのブログに「高松のうどんは最高!だった。またうどんを食べに来たい!」と 讃岐うどん が彼らの心を引き止めてくれれば助かる。

 祭りの後の ブルーな余韻にひたりつつ、もう一軒 行くことにする。せめて今を楽しい夜として、人生の付箋として刻むため 夜を満喫する。

投稿者 oyj : 23:58 | コメント (0)

2011年04月25日

責任そして自分の力量を知り 協力して強くなるのが組織力

 朝から良い天気に恵まれたので早(5時)起きし、顔を洗ってご飯を食べリーガエスパニョーラをTV観戦。今日のレアルはイグアインやカカが出ている。

 観戦していて、前回のクラシコで、Kさんに「引き分けたね!」「レアルやったね!」とか、録画を見る前に、結果を言われてしまったのを思い出してた。

 今日は市会議員選挙の投票日。7時前に近所の川島小学校に向かう。会長のいとこの応援をしないといけないので清き一票を投じた。 昨日、会長から悲痛な依頼があったので各方面にお願いしてあげたので、当選するかどうか気になる。

 小学校を出ると、近所のディアモ1年生がママチャリ立漕ぎで、8時の練習に向かっていた。ここからだと ざっと8km位あるだろうか・・

Jrは、昨日まで下痢と熱でダウンしていたが、今日は練習行くんだろうかと思いつつ、一旦家に戻り、携帯電話とサッカーバッグを持って屋島下水処理サッカーグランドに向かった。

 今日は、2011ポカリスエットU-10サッカーリーグ in 香川 (高松・東讃 前期リーグ)初戦。

 国分寺sssとの対戦があるので、線引きも含めて7時40分集合だ。

 さっそくライン引きをして、国分寺の監督スタッフと挨拶・・今年に入って何度も対戦しているので 監督は顔見知りでフレンドリーだ。 しばらくすると、国分寺SSSの総監督が登場・・この人見たことあるぞ!

たしか、一昨年JRが小6のときに 試合でJRにイエローカード出した人だ\(◎o◎)/!

 それはさておき、国分寺には今まで一度も勝ったことがないが、最近の我々の調子から考えると 勝てるかもしれない。

 ポカリ初戦、
 対 国分寺 0-5 惨敗でした。(ToT)/~~~

相手の詰めがはやくて、DFから前線にボールが通りませんでした。
自分の陣地でボールを奪う展開が多くなってしまい、仮にボールを奪っても、選手はあわててしまい、敵のいる前方にドリブルを仕掛けたり、闇雲に前方へ蹴ったりして、再度奪われてしまい、また攻撃されるといった試合で、サッカーをさせてもらえませんでした。

選手の準備不足やボールのない時の思考準備も悪く、ワンテンポ仕掛けや動き出しが遅いです。

後半、やっとサイドにボールを展開し何度か攻めることが出来ましたがそれまででした。

最近調子よかっただけに、ガックリ落ち込んでしまい 気分が晴れないのと 重責を感じています。
その後、惨敗を引きずってしまいブルーな一日になりました。
気分が、上向きに向くまでしばらく時間がかかりそうです。

会長のいとこが当選しました。11票 差での当選でした。
志を持って公務につくわけですから、チョッとやソットのことで凹まず強い精神力で
粉骨砕身頑張ってもらいたいものです。

個人ひとりの力には、限界があります。プライドが高い人は、他人の協力を借りようとはしません。自分の反省をせず 人が悪いと思います。「ひとりだけですべてを成し遂げるんだ」と意地を張ります。他人の協力を借りようとせず、自分が強くなることで、成し遂げようとします。

弱い自分は、いさぎよく自分の弱さを認め、他人の協力を求めることができます。
10人の協力が得られれば、1日かかる仕事も10分で終わらせることができる。
たくさんの協力が集まれば、とても強い力となります。
「ひとりで強くなろう」という考え方から「協力しながら強くなろう」集団による協力を得て強くなることが必要かもしれません。

実るほど頭を垂れるように 謙虚で、仲間と協力して 「健全な少年育成」という役割との責任を果たすという境地に落ち着いた。

投稿者 oyj : 07:16 | コメント (0)

2011年04月22日

深く反省し頭を丸めます 中二病にて

「深く反省し頭を丸めます」と言ってソフトバンクの 孫正義氏が頭を丸めたそうだ。

JrもFCディアモへの度重なる遅刻や欠席に対する反省の意を込めて、頭を丸めました。
「それだけは最大限イヤだ~」と抗議した甲斐なく、バッサリとやってもらいました。
ただ、生意気に近所のカット10分1500円のお店ではなく、ちゃんとした、いわゆる美容院で切ってもらった。

 断髪後 「ボサボサ頭がさっぱりしたねぇ~」と家族から好評価をいただき、本人もまんざらでもない。
 「お兄ちゃん、次はニキビ治さないかんね!」と笑われて、額に浮き出たニキビを触わられた。
 本人も、気持がさっぱりしたのか、機嫌が良い。

彼は中二病だろうか?最近反抗的だ。
 ・洋楽を聞き始める。
 ・うまくもないコーヒーを飲み始める。
 ・売れたバンドを「売れる前から知っている」とムキになる。
 ・やればできると思っている。
 ・母親に対して激昂して「プライバシーを尊重してくれ」などと言い出す。
 ・社会の勉強をある程度して、歴史に詳しくなると「アメリカって汚いよな」と急に言い出す。

と症状らしい。 病が高じてDQN系 にならないように、頭丸めて精神的にしっかりしなさい。

投稿者 oyj : 19:08 | コメント (0)

2011年04月18日

孫子勒姫兵(そんし・ろくきへい)

WOWWOWで土曜の朝「孫子《兵法》大伝」を見ている。

 孫子勒姫兵とは、呉の王(闔閭)が、孫武に「宮中の婦人で少し軍の指揮を見せてもらうことはできるか」。 孫武はこれを了承した。孫武は宮中の美女180人を集合させて二つの部隊とし、戟(矛に似た武器)を持たせて整列させ、王の寵姫二人を各隊の隊長に任命した。太鼓の合図で左や右を向くように命令してから「右!」と太鼓を打つと、女性たちはどっと笑った。孫武は「命令が不明確で徹底せざるは、将の罪なり」と言い、命令を何度も繰り返した後に「左!」と太鼓を打つと、また女性たちはどっと笑った。
孫武は「命令が既に明確なのに実行されないのは、指揮官の罪なり」と言って、隊長の二人を斬首しようとした。壇上で見ていた闔閭は驚き「将軍の腕は既によくわかった。余はその二人がいないと飯も美味くないので、斬るのはやめてくれ」と止めようとしたが、孫武は「一たび将軍として任命を受けた以上、軍中にあっては君命でも従いかねる事がございます」と闔閭の寵姫を二人とも斬ってしまった。そして新たな隊長を選び号令を行うと、今度は女性部隊は命令どおり進退し、粛然声を出すものもなかった。
 孫武は「兵は既に整いました。降りてきて見ていただきたい。水火の中へもゆくでしょう」と言ったが、闔閭は甚だ不興で「将軍は宿に帰られるがよろしい、余はそこに行きたくはない」と言った。孫武は「王は言を好まれても、実行はできないのですね」と答えた。しかし以後、闔閭は孫武の軍事の才を認めて上将軍に任じたのである。

 ここで孫武が言おうとしているのは“戦術だけではだめ、力というものを備えなければ動かない”ということらしい。

 中央FCでも子供たちに、優しく・楽しく ばかりでは覚えれない。
 集団を動かすには、ときには厳しく しないと動かないと孫子が言っている。

 温室の中では、堅い樹木は育たない。厳しい自然に耐えて堅く真直ぐな樹が育っていく。
 弱く すぐ言い訳をする子供には育てたくない。

投稿者 oyj : 22:28 | コメント (0)

2011年04月09日

練習試合

 桜が咲いています。チューリップも開花し、日は暖かく、自然のいぶきが立ち上ります。
春の気配はするものの、自粛ムードで沈滞化して、買い物もお出かけもなんだか気が重い。

今日は、多肥sssさんとの練習試合の日。子供たちは、試合を楽しみにしています。

高松市東部運動公園 13時から

対 多肥SSS
 3-0 負け
 4-1 勝ち
 1-0 勝ち

4年生になって最初の試合でした。
4年ではそろそろ、戦術やボールポゼッションを教えないといけないかも知れません。
しかし、夏位までは? もう少し技術を中心に練習しなければならないと思っています。

ポカリスエット前期リーグがありますので、相手の裏をとる サイド攻撃を教えました。
トップFWも我慢して前線で準備を継続してくれました。

勝つこと      と 負けること
言い合いすること と 助け合うこと
達成すること    と 悔しがること

子供たちの無限の可能性がある。
小学生でも、少年サッカーで多くの体験と経験をつんで、強い精神力を持った、たくましい人間に育ってくれると考えます。

投稿者 oyj : 23:07 | コメント (0)

2011年04月06日

4月かあ・・ もう4月なのかぁ・・


 震災の影響を受け、予定されていた学会が無くなり、総会がおこなわれないため会長選挙も延期になった。 「普段通り」を続けることは掛け替えのない事なのだと知った。
 新しい、年度がなんとなくスタートしてしまった。 薬の勉強会の後の懇親会も中止、高松の街中も自粛ムードで重苦しい。 電気も暗く、人影まばらに、タクシーが何台も列を作っている。
 リセットすることはでき無いかもしれないが、どこかで区切りをつけて次に進む切り替えをしないと。

投稿者 oyj : 22:05 | コメント (0)