« 2011年12月 | メイン | 2012年02月 »

2012年01月26日

あしたのブルーレイ (叫び 2)

 仕事でゴタゴタ は いつもの事か・・ 結果が、うまくいったか いかないか だけの事。
 Mickの叫び
 サッカー監督では、子供たちを上手にしたいという熱い思いには、歯止めがなく、上を上をさらに上を目指して、情熱を傾けて走り続けていると、知らない間に みんなと距離がある?と感じた。

 こうしてあげた方が絶対に良いと思っていても、「そこまで小学生に必要ない」と否定されるとそれまでの事。 「こうあるべきだ!」と懸命に心血注いでも、評価が低ければ、今までの努力も水の泡・・ こういうことを空回りと言うのでしょうか。  こういう時は、少し距離を置くのが良いのかも・・・。
 
 ところで、今朝から 早起きの 楽しみ WOWWOWのリーガエスパニョーラが映らない。ブルーレイのWOWWOWだけ映らない。 と 思っていたら・・ブルーレイに録画したTVも、なによりハンディーカムで撮り貯めた息子のサッカーや娘のピアノ風景や運動会の動画も映らない。

 そして いっやぁ~ な 予感・・・は、的中 (-_-;) 基盤交換らしい。
基盤を交換するといままでのHDDのデータは見れない仕組みだという。
パソコンでは救済できるのに、BLは無理と言われるばかり。

想い出が消えてしまった。 クロスカウンターパンチをくらいリングに沈む矢吹丈のような悲壮美をおびる。。。
「素晴らしい明日」は今日という日を綺麗ごとだけ…お体裁だけ整えて過していては永久に やって来ないわ
血にまみれ 汗や泥にまみれ 傷だらけになって…しかも他人には変人あつかいをされる今日という日があってこそ…明日は…ほ…本当の明日は…!(白木葉子)

とりあえず 立ち上がって進まないと・・と言う事は明白なんだけど、なんだか体がやたら重い。
メンテナンスが必要かも。

投稿者 oyj : 22:58 | コメント (0)

2012年01月25日

俺がどんな悪いことをしたというのか (叫び)

幸いどれも大事には至ってないのですが、昨年から なんだか 気分がすっきりしない。
 それは息子も同じ、 先週 靴紐がほどけて走れなかったのに続き・・・
先週は、ふたたび息子が自転車で走行中、凍結道路だったため、ひっくかえった瞬間、顔から 地面に叩きつけられ、顔面血だらけになって、我が家の玄関を開けた・・と、響く家内の悲鳴 !

 よく見ると、瞼と眉毛の間に、左右に5㎝ほど、皮膚がパックリ開いて肉が見えていた。
 幸い眼球には異常がなく視力に問題はなかった。

 元来 血を見ると ひるんでしまう私だか、そうは言ってられず、自家用車に乗せて急いで病院に向かった。

 後部座席に座った息子は、ぐったりし始めて・・ 悪心を訴え始めた。さらに、下痢症状が続く・・
 あわてて途中の公園で車を止めてトイレに行かせ、再び病院に向かっていると、さらに嘔気が強くなる。 あらかじめ携帯で症状を伝えていたため、病院に到着すると、救急室で外科の先生が待機してくれていた。
 傷は縫合が必要なほど深かった。ただ、病院に到着してから数回 嘔吐を繰り返すため CT撮影をすることになった。
 写真が、白く映ると出血している。 外科の先生の見立てでは、やや出血している個所があるとのことでしたが、脳外科の先生が見て おそらく大丈夫ということで、やや安心した。
 やはり 吐かれると なんか異常が あるんじゃないかと思う・・
吐き気がやや落ち着いたところで、イソジン消毒してから、針と糸で・・5針の縫合。
その後、脳振盪ということで、脳の腫れをひかす点滴をして、入院にて治療。

幸い経過がよく、4日入院して 週内に退院し、翌週の月曜から学校に行ったのですが、帰宅後 ほどなくして39度の発熱。 インフルエンザと診断し、即座にリレンザを吸入。

 当然抜糸は延期となった。 以後2日間お休み。

彼なりに 久々の試合で楽しみにしていた、サッカーの大会 四国クラブユース新人戦にも、当然出場できず。これぞ、泣きっ面に蜂 ですね。 

 この大会、優勝は愛媛FC、2位徳島ヴォルティス、3位 FCコーマラント、4位 FCコラソンでした。

思えば、私自身 何だか このところ 我慢を重ねているものの 万事うまくいかない。

冷たい空気が記を重くする・・ そろそろ、底をついてくれ と祈るばかり。
 

投稿者 oyj : 22:28 | コメント (0)

2012年01月15日

23年度 高松市中学校駅伝競走大会

 生島競技場で、高松市中学校駅伝競走大会、桜町中学のチームは1Aだった。
 今年は3番走者で走るらしい。
 木太中のメンバーに高松中央FCの仲間のH君とM君も参加するらしく、お父さんとお母さんにお会いした。
 男子は11時スタート。ピストルの音と同時に馬のように大勢がかたまりとなって駆け抜けていった。
第一走者はトップで帰ってきた、Jrがタスキを受けた時は、2位になっていた。
勢いよく飛び出していたのは見えた、待つこと、7分程度して戻ってきた時は、やや足を引きずって、靴紐がほどけていた。
 順位は3位でした。この順位で6番目の選手まで終わって、3位でした。
優勝は木太中  おめでとう\(^o^)/

投稿者 oyj : 11:40 | コメント (0)

2012年01月03日

ツンデレ(二面性)

年末のNHKの番組に本田圭佑選手が出ていて次のように話していた。

「自分は弱い人間」または「自分は強い人間」だと、どちらかに決められない。つまり、自分の中に「弱い自分」と「強い自分」の両方がいる。言い方を変えると「自分には弱いところがある。しかし強い部分もある」となる。「弱い自分は『(目標まで)行ける』と思っていない。そして、弱い自分はどんどん大きくなる。でも、それを強い自分が抑えている。今の怪我も彼にとっては一回り大きくなるチャンスなのだそうだ。

本田に限らず、大きな仕事を達成した人は、ほとんどと言っていいほど同じようなことを指摘する。

確かに人間には強いところと弱いところが共存する。それを抑え込むことが、精神力であろう。

今年は、精神力を鍛え ちょっと や そっと ではへこたれない 頑強で硬派に歩みたいと期する。


最近はまっている、WOWWOWのドラマです。1920年、禁酒法施行直後のアトランティック・シティで、アルコールの違法取引を通じて、マフィアと駆け引きしながら、政界でも力を伸ばすイーノック・ナッキー・トンプソンは、悪人と善人の二面性を持つ複雑な主人公です。

Boardwalk Empire VFX Breakdowns of Season 1 from Brainstorm Digital on Vimeo.

投稿者 oyj : 16:06 | コメント (0)