« 2012年04月 | メイン | 2012年06月 »

2012年05月25日

薬の副作用 早期発見

間質性肺炎という病気は、薬の副作用で起こることが多いようです。

薬剤師が、聴診器で患者さんの肺音を聞いてその副作用を早期発見しようという、本部の会長の発想が影響して、うどん県でも、心音・肺音・腸音が聞ける人形を使っての研修会がありました。

発想としては面白いけど、「はい 胸あけてぇ-」というのは 薬剤師の仕事としては、ピタッとハマらないというか 私自身 呑み込めない という気がしてならないのです。副作用の早期発見に、薬剤師のできることで なにかピタッと来るものはないかなぁ~ と思いつつ 物思いに耽りながら晩酌していたら、しだいに なんだか どうでも良くなっちゃいました。

投稿者 oyj : 22:12 | コメント (0)

2012年05月22日

アリー(alli)というダイエット薬

 徳島大学の教授に会って酢橘(スダチ)が㊙㊙に効くと言うことについて、ディスカッションしてきた。

 そもそも、漢方薬にも陳皮というミカンの皮を乾燥粉末したものがあるだけに、期待できるというのも説得力がある。

 そんな会話の途中で、アリー(alli)というダイエット薬が外国で売られているのを教えてもらった。
alliは、消化器官で脂肪を分解・蓄積する膵臓酵素阻害薬なのだそうで、その結果、脂肪がフリー脂肪酸やモノグリセリドにまで分解されないため、消化管から吸収されずそのまま体外へ排出されるようです。
結果として摂取した食べ物のカロリーを減少させることが出来るだそうで、普通のダイエットの5割以上の効果があるとのこと。

 この薬で油の吸収を抑え、αGIという薬で糖分吸収を抑えると、たくさん食べても、吸収しないので確実に痩せれると思います。

それは 自分が食べたという事実をリセットして「なかったこと」にしようというわけだ。
飢えで苦しむ人が聞いたら空恐ろしい気がします。

しかし私もリセットは大好きです。ゲームをしていても都合が悪くなるとすぐリセットしてしまう。

ちなみに、独身の人がよく言うのが、

結婚した後その人が好きでなくなったらどうしよう、家を買ってローンが払えなくなったら・・子供を作ったあとその子がかわいくなくなったら・・どうするのか。
 怖い順に 子供を持つ>家を買う>結婚する という順で リセットの困難さを示している。

そんなことを思う人に比べて、なんて私は軽いのか ・・軽率で無責任なのでしょうか。
そういえば 郷土の有名人 、平賀源内はいろいろトライして最後は借金まみれで獄中でなくなっている。

それとも、それを 勇気というのでしょうか。

投稿者 oyj : 23:18 | コメント (0)

2012年05月09日

復活

夢の中で電話をかけると、いつもダイヤル式だ。

なぜか急いでかけているのに、ダイヤルが途中で指から外れてしまって、ジーと鳴りながらダイアルが戻るのを待つ。何回かけても指が離れて電話がかけられないという絶望感にうなされる、ホラーな夢・・

 夢から覚めると、私は i-phone4Sという最新型モバイルを使っているのに、なぜか夢の中では、電話といえばダイヤル式なのだ。

 考えてみると、私の中で プロレスはアントニオ猪木、野球は岡田、掛布、バース、相撲は千代の富士、総理大臣は田中角栄、アイドルはキャンディーズと・・・自分の18歳前後に活躍した人たちで止まっている。

 それ以降のものの存在は知っているけど、自分の中で消化出来ないというか、拾得していないというか、入ってきていないのだろう。

 でも自分の中に「入っている」、ダイヤル電話にしろ、掛布や猪木にしろ、それらは今は既に主役ではない。  「入ってきていない」者たちに囲まれていると言う事は、消えかかっているのは自分の方ではないだろうか・・(-_-;) そう思うと、恐ろしいorz

 昔の仲間の塚ちゃんが、しばらくやっていなかったドラムを叩いて新しいバンドを組んで復活していると連絡を受けた。 そして その、映像がYOU TUBEにアップロードされている。

観たとたんに う あぁ~ と驚いた。彼らに「入っている」のは、JOHNNY, LOUIS & CHARだった。

こんど 自分がライブでコピーをやる時は・・・そうBOφWYがいい\(^o^)/

投稿者 oyj : 22:24 | コメント (0)

2012年05月07日

出来るか出来ないか ではなく やるか やらないか 

 今年も仕事をしながら、GWを過ごす。

初日午前中、なぜか宇多津の浜田家具に行く。その後近所のベット&マットレスに行き、息子の試合を見に東部グランドへ行った。

 対 カマタマーレ ですが、どうも負けたようです。カマタマーレに、身長はむしろ小さい2年生がトップ下にいて、この子がとても素晴らしい活躍でした。
 何本インターセプトされたか!と言うくらい 積極的で、スペースの意識もあり プレーに見入ってしまいました 素晴らしいのひとこと。
 息子に 人が出来るのに自分が出来ないのは何故か考えなさい。と言った。

 翌日も、家具屋巡りに明け暮れ、最後に行った「アウトレット家具のビッグウッド」で、店員にこう言われた。「このシーリー社のベッドはホテルシェラトンに納入しているベットで、気になるお値段は たったの○○円ですぅ~」今までの家具屋さんとは、切り口が違いました。
 「キムタク着用したメガネ」と同じように、製品の良さをすでに実証されたような信頼感を与える切り口だった。 今までの家具屋さんからはそのようなアナウンスはなかった。
 シェラトン認定という先入観が今までと違うのか?試し寝すると、心地が抜群に良く感じる。

 シェラトンという放たれた毒に麻痺したかのように、「これ買います」・・

 同時に、市場の半額程度とはいえ、決して安くない値段に 妻が危機感を感じていた。

 運が良いか悪いか、店員さんが「すみません 先ほど在庫が全て売り切れてしまいました」と詫びてきた。
 内心ホッとしたものの、刺さったシェラトンの毒はおさまらず、「ヒルトン東京、コンフォートホテル、ニューオータニ神戸ハーバーランド、三井ガーデンホテル、リッチモンドホテル、リーガロイヤル、全日空ホテルなどで採用しているという つわもの が この サータ社のベッドです。」と二の矢が飛んできた。

 価格も、先ほどのベットの更に半額程度なので 「これ買います」・・と一発サイン。結局、今までの家具屋さんの予算より安く買う事が出来ました。  他人が出来ないのに、この会社が出来るのは何故でしょうか。 消費者の、高いものを安く買いたいニーズを捉えて、それに応えるなんて、凄い会社です。今までの見積もり頂いた家具屋さん申し訳ございませんでした。

 連休最終日、高松中央の6年生の第36回全日本少年サッカー香川県大会の応援に宝山湖に行く。
昨年はここで、まさかの 一発免停を食らったので、今年は 時間に余裕を見てゆっくり運転したので結局遅刻した。
 でも 試合は 丸亀FC(B)に2-0の勝利。次回は12日にパステル戦です。頑張ってください。

 そのあと、ディアモの新人歓迎バーベキュー大会に参加。中央出身のY田・Y野・K辺・I戸さんたちや、父母や、コーチの皆さんとビール片手に談笑していると、、 
 Sコーチに「日頃おとなしそうなのに、ベンチに入ると人が変わりますねぇ。アツくて良いわ」「皆で、どんだけ熱いか観に行って、その後飲みに行こう」 と言われました。
 鋭いご意見に ドッキィ としましたが 否定されなくて 助かったと思ったと 同時に 気がつきました。これが俺のスタイルで良いんじゃないでしょうか。
 
 攻撃が最大の防御である。おろおろ と人の意見についていくのではなく、自信を持って 追い越すというか 進むべき だと思っています。 婦人雑誌の中で「女性は妊娠の有無に関係なく基礎体温を測るべきです」と微笑む黒木瞳を見て そう思っていた。どの程度の 確診があるかは わからないが 自信を持って主張する黒木瞳は強く美しい。

 サッカーの監督とはそういうものなんです。迷わずヤレヨ ! だぁ~

投稿者 oyj : 19:51 | コメント (0)